EDIUS Neo3.05にアップデート



EDIUS Neo3が3.05にアップデート

うっかりしてましたが、平成23年12月15日付で、EDIUS Neo3のバージョンが3.05にアップデートされました。

 

以下に変更内容を記します。
〜本家grass valleyのサイトより〜

・CD/DVDなどの読み取り専用ディスクに収録されている素材でも波形キャッシュが作成されるように改善しました。
・クリップ登録時の波形キャッシュ生成の ON/OFF を選択できるようにしました。
・リムーバブルメディア及びネットワークドライブ上に存在するクリップの波形キャッシュをプロジェクトフォルダに作成できるように改善しました。

 

<キャプチャ・ファイル読み込み・ソースブラウザ関連>
・オーディオファイルをエクスプローラーからタイムラインにドロップすると右クリックメニューが表示されなくなる。
・QuickTime 7.7 インストール環境で日本語文字列の入ったMOVファイルのインポートとエクスポートができない。

 

<ビン/タイムライン操作・エフェクト適用・タイトル作成関連>
・波形キャッシュを表示している際に EDIUS が強制終了する場合がある。
・複数のオフラインクリップをキャプチャにて復元する際に最後のクリップしか復元できない。
・複数のオーディオチャンネルをもつクリップ再生中にノーマライズを行うと EDIUS が強制終了する。
・複数のビデオフィルタがかかった複数クリップを選択してCTRL+SHIFT+ALT+Fを押下した際にEDIUSが強制終了する。
・オーディオキャプチャした WAVE ファイルの情報が間違っている場合がある。

 

<その他>
・ユーザー設定ダイアログの部分転送ページで設定したパラメータが正しく保存されない。

 

既知の不具合
Disc Burnerでエンコード形式としてリニアPCM音声を選択すると、エンコードが停止してDVDが作成できません。エンコード時の音声形式は Dolby Digital AC3 もしくは MPEG-1 Layer II を選択してください。

 

下記より、アップロードサイトに飛びます^^

 

>>3.05にアップデートする<<

 

追記

 

EDIUS Neo3のアップデートと同時に、「体験版」も3.05にアップデートされてます。

 

こちらは、体験版をゲットする前に、簡単なアンケートに答えて下さいね。

 

>>体験版3.05を試してみる<<



ホーム サイトの目的 プロフィール 相互リンク ご質問・ご感想